teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/1451 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【日本Lばなし第18話申し込み受付中!】同性婚訴訟、何のために闘うの?  ~原告の二人と語る、Lコミュニティと結婚の自由~

 投稿者:パフスクール  投稿日:2020年 9月 6日(日)18時43分38秒
  通報
  【日本Lばなし第18話】
同性婚訴訟、何のために闘うの?
~原告の二人と語る、Lコミュニティと結婚の自由~
────────────────────────────────────────

日本Lばなし第18回のゲストは、同性婚訴訟の原告、小野春さんと西川麻実さんです。
約20年前に出会った頃、夫と子どもと暮らしていた二人は離婚して、互いの子どもを育てつつ働き、新しい「かぞく」を築いてきました。見るからに仲のいい幸せそうな二人が、去年の2月、おそらく長期戦となるだろう同性婚訴訟に踏み切ったのには、並々ならぬ事情と決意があったはず。
今回のLばなしは「何のために、同性婚訴訟を闘うの?」を中心にお話をうかがいます。

お二人はこれまで日本Lばなしに登場した人たちの中で、かなり毛色の違うタイプです。ひと昔前のLコミュニティでは、男性と結婚したLを「主婦レズ」と呼んでおとしめたり、B女性への不信感を口にしたり、自分たちが選べなかった「結婚」そのものにも反発を露わにしてきたところがありました。でも今回、打ち合わせでお話をうかがい、今の人生を選んだ二人には、多数派のLが見ようとしてこなかった世界が見えているように感じました。Lコミュニティのあり方をふり返るいい機会にもなるでしょう。

特に、ふだんあまり表に出ない西川さんの話には、穏やかで調和を重んじる小野さんとは違う、性的マイノリティ女性の「痛み」を直視する強さを感じました。異なる二人の個性が語る人生を追体験し、共有させてもらうことは、わたしたちの置かれた状況を客観視し、異性愛社会に暮らす元恋人や友だちへの理解にもつながるように思います。

当日は、お二人のライフヒストリーをたどった後、10年前に始めた「にじいろかぞく」の今、そしてLコミュニティと結婚の自由について考える時間にしていきましょう。みなさん、ぜひご参加ください! (沢部ひとみ)

◆開催方法: Zoomのウェビナーという機能を使って行います。インターネット環境があれば、スマートフォンでも参加可能です。参加者の名前や顔が他の参加者に見えることはありません。

◆参加費: 以下の三択から選んでお申し込みください(要事前申し込み)
 A:参加費 1,000円/B:参加費+カンパ 1,500円/C:学生・その他経済的事情のある方 500円

◆定員: 50名

 ※定員に達し次第、締め切ります。

 ※セクシュアリティ問わず、どなたでも参加いただけます。

◆申し込み: https://pafLhistory18.peatix.com

 ※9/25(金)24時申し込み締め切り

 ※Peatixのサーバーが不安定で、申し込みができないことがあります。うまく申し込みできないという方は、下記メールアドレスまでお知らせください。

◆問い合わせ: pafschoolmail@yahoo.co.jp
◆主催: パフスクール

http://pafschool.blog118.fc2.com/blog-entry-205.html?sp

 
 
》記事一覧表示

新着順:2/1451 《前のページ | 次のページ》
/1451